弘田三枝子プロフィール

PROFILEプロフィール

弘田三枝子

弘田三枝子

◇ 生年月日:1947年2月5日
◇ 出身地:東京都世田谷区

弘田三枝子は、1961年11月に東芝レコードから「子供ぢゃないの」でデビュー、「ヴァケーション」「渚のデイト」などカバーポップスでヒット曲を連発します。
1964年12月日本コロムビアへ移籍。第一弾の「はじめての恋人/砂に消えた涙」が大ヒット。「ナポリは恋人」「夢みるシャンソン人形」などカバー路線で引き続きヒットを飛ばします。その頃エラ・フィッツジェラルドから「私の養女にしたい」と言われたというエピソードも残っています。
1965年7月には日本人歌手としてはじめて、10代の若さでニューポート・ジャズ・フェスティバルに出演。同年12月にはアニメ『ジャングル大帝』のテーマ曲「レオのうた」を発売、日本のアニメソングの先駆けとなりました。
1966年1月にはニューポート・ジャズ・フェスティバルで渡米した際にニューヨークでレコーディングされたアルバム「ニューヨークのミコ」をリリース。
1967年7月には当時、新進気鋭だった橋本淳−筒美京平コンビを起用した「渚のうわさ」を発売、後のゴールデンコンビ初のヒット曲となります。
1968年には、アメリカ〜ヨーロッパへの音楽旅行から帰国後に行われたライヴを録音した「ミコR&Bを歌う」をリリース、日本の音楽界でいち早くR&Bに取り組みます。
1969年7月リリースの「人形の家」が大ヒットし日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。
1970年には芸能人によるダイエット本の先駆けとなった『ミコのカロリーBOOK』を出版しベストセラーを記録します。
しばらくは歌謡界を中心に活躍していましたが、次第にジャズやポップス方面にシフトし「JAZZ TIME」「My Funny Valentine」「IN MY FEELING」などジャズヴォーカルの名盤をリリースします。
弘田の歌唱力には定評があり、大瀧詠一、山下達郎、竹内まりやら多くのミュージシャンからリスペクトされています。またサザンオールスターズの桑田佳祐が弘田のファンであることも有名で、1982年のヒット曲「チャコの海岸物語」の歌詞に出てくる「ミコ」は弘田三枝子のことで、1983年発売されたアルバム『綺麗』にも「MICO」という作品が収録されています。1999年にはピチカート・ファイヴの小西康陽プロデュースによるアルバム『TOKYO 27:00』(TRIAD/COLUMBIA)を発売しました。
今世紀になってからも進化し続ける弘田は2006年に、1965年の紅白歌合戦での歌唱曲「恋のクンビア」をDJ GomiがRemixした「恋のクンビア21」をMICO Loves CUMBIA BROS.名義でリリース、斬新なプロモーションビデオも話題となりました。その頃ジャマイカでスライ&ロビーとレゲエのレコーディングでコラボレーションしています。
デビュー55周年を迎えた2015年、シングルでは32年ぶりとなる新曲「悲しい恋をしてきたの/ひいふうみいよう」と記念アルバム『弘田三枝子グレイテスト・ヒッツ Go Go MICO』をリリースしました。